保護ネコ【のあ】

スポンサーリンク

わが家の大切な家族 保護猫【のあ】との出会い

うちの愛猫「のあ」

2016年11月の後半、曇り空の寒い日曜日に市役所で「飼えなくなったネコの里親募集」と銘打った譲渡会がありました。

「のあ」は当時まだ生後2ヶ月で、一緒に生まれた兄弟はオス猫2匹。

そしてメスのこの猫。

市役所の飼えない猫の譲渡会には、たくさんの子猫が集まっていました。

多頭飼いで自然に増えてしまったような子猫が、里親を探しに来ていたんです。

毛色やシッポがキレイな猫たちは、割と早い段階でもらい手が決まるようでした。

この猫の兄弟のオス猫も、黒い猫でオス生後2ヶ月。

シッポもキレイでお顔も可愛い雰囲気だったので、もらい手が見つかりました。

なぜか、この猫だけ兄弟からも取り残されて…

次男
次男

黒猫だけど、サビ猫だね。額に茶色い毛もあるし。

鼻も口も黒くてブサカワだなぁ…

でも飼っていい?

ボク、見捨てられないよ…

 

 

 

そんなわけで次男が里親になりました。

ムスメAREN
ムスメAREN

名前は私が決めました

黒い猫だからフランス語でNoire (ノアール)

愛称は「のあ」チャン

市役所の譲渡会では、ちゃんと里親の署名をしてうちの子猫になりました。

アマゾンプライムで、家族みんなで楽しめるオススメのビデオ
「こねこのチー」
タイトルとURLをコピーしました