労災で会社を休み、労災支給額と復職について

Monthly diary

ある日突然、ケガをして仕事を2〜3ヶ月くらい休むことになったら…

これを機に会社辞めようと思いますか?

スポンサーリンク

労災保険から労災休業補償が受給できる

仕事上ののケガや病気で休業する場合

国が定める労働者災害補償保険法によって労災保険が下りる。

働けなくなった4日目から休業補償給付と休業特別支援金が支給される。

休業補償給付給付基礎日額の60% × 休業日数¥
休業特別支援金給付基礎日額の20% × 休業日数¥

給付基礎日額の計算

ケガや病気が発生した日の直前3ヶ月に支払われた賃金÷直前3ヶ月期間の暦日数 ¥

休業補償給付60%と休業特別支援金20%を合わせて80%が受け取れる金額。

休業1日目〜3日目までの3日間は、会社が平均給与日額の60%を補償。

仕事中にケガや病気が発症し休業する時に、するべき手順

  1. 会社への報告
  2. 病院に行く
  3. 労働基準監督署に書類を提出
  4. 支給決定 振込

1 会社への報告は、時間(何時何分)場所(具体的に)どのような状況でケガをしたのか。
細かく説明する。

私の場合は、営業先に向かう歩道の縁石でつまずいて転んで、足を骨折してしまったのですが、転びかたについても、まるでコマ送りの説明をするように転んだ時の手足の動きや左右どちら側に転倒したのか、荷物は持っていたか、営業先で誰に会ったか…

会社では労災申請書類に、被災者情報、事故状況などを記載するので、詳細に状況を話します。

2 労災指定病院にかかり、検査や治療を受ける。
労災指定病院なら、治療費の請求は病院から労災保険へ手続きがいきます。

3 病院から証明をもらい(療養補償給付たる療養の給付請求書 様式第5号)労働基準監督署に提出
病院の書類を会社に届けて、会社に対応してもらった。

4 支給決定通知が届き給付金が支給される。
給付金の支給までには、約1ヶ月くらいの時間がかかります。

受任者払い制度

労災申請をしてから給付金の振込までは、1ヶ月くらい日数がかかるので、会社が給付金を立て替えて従業員に支払い、給付金は会社の口座に振り込まれる制度。

給付金の申請の時点で委任状を添付して制度を利用。

治癒したあとに会社に席はあるのか?

労働基準法で、労災で治療している期間と治癒してからの30日間は、会社は従業員を解雇してはいけない決まりがる。

復職願いを提出して、もしも自分の会社での業務やポジションが無くなっていたとしても、30日間は席がある。

コラム

一歩先には何があるか分からない。


まさしくこの事態が起きたのだ。

営業の仕事中に雨上がりの歩道で、わずかな段差でつまづき転んで右足の距骨(きょこつ)と踵骨(しょうこつ)が少しだけ折れたというわけだ。

病院での処置は、足の固定。
あとは足を安静に保つ…

松葉杖を付かないと歩けない。車の運転も無理なのだ。

12月の後半戦、一年で一番忙しいシーズンに営業車でお得意様回りの業務ができない。

これを機に戦力外で葬られるかも…
いや、きっと席はなくなる。
かなりネガティヴな精神的ダメージだ。

働き詰めで暮らしてきた20年間。

55歳に訪れた束の間の強制休業が意味するものは何なのか?

先月、お得意先で出会ったかたに、こんな本を頂いたのだった。

日々の業務と生活で時間を消耗していて読書をする間も無く、この本を放置していたことを思い出した。

「最高の人生のつくり方」という本。

10年に1度、人生にグレートカオス(大転機)が訪れる。
そのとき、あなたはベストの選択ができるか?

家にいても歩くことが出来ないので、出来ることが限られている。

このようなケガをしてしまったのは、もしかしたら神様や守護霊がいたとしたら、「そろそろ人生を考えようよ」と投げかけているのだろうか?

第二の人生を生きるために9月にホームページを作ったわけだったし…

この本はどうやら魂の学というもののようだ。
見知らぬ人で宗教のお誘いをしてくる様子もない。
せっかくだから読んでみよう…

このケガは本当に10年に1度の大転機となるチャンスなんだろうか…?

たぶん、骨折の状態は1ヶ月もすれば車の運転も出来るようになるのかもしれない。

そして復職した時に、会社と自分の双方に働く意欲、働かせる意欲があるかどうかだろう。
会社は人を減らしたい状況なのは確かだと思う…

先月、お得意先で出会った知らない方と束の間のおしゃべりをし、この本を頂いたことも、仕事中に転んで足を骨折したことも、それが一年の中の一番の繁忙期に当たってしまったことも…

もしかしたらポジティヴな大転機?

全てはケガが治って復職した時の会社の受け入れかたに、成り行きで委ねるか…
それともこれを機にフェードアウトの道を、自分の意思で決めるのか…

人生は思った方向に向いていくと信じ、ケガをしなければこのままあと5年、社畜生活で我慢するしかないと思っていた。
だから中途退社は、「会社嫌だなぁ」「会社やめたいなぁ」とは言っていても考えの中にはなかった。

フェードアウトして暮らしていくことも選択肢になると心が動いている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました