アドセンスのads.txtファイルの問題を修正してくださいに対処

ads.txtファイルをサーバーにアップロードWordPress

アドセンスから「ads.txtファイルの問題を修正してください」というお知らせが届いていました。説明を確かめたところ…

Shadow
ads

ads.txtファイルは別に無くてもいいけれど、あったほうがいいですよ〜

という感じだったので保留していたのですが、やはり気になりエックスサーバーに「ads.txtファイル」をアップロードしてみました。

アップロードは慣れないと、ちょっと心配という初心者でもエックスサーバーでアップロードは3ステップでカンタンでしたので手順を書き留めておきます。

スポンサーリンク

ads.txtファイルをエックスサーバーにアップロード

ads.txtのアップロード

サーバー内にアップロードする作業は、サーバーについての初心者には慣れるまで緊張する作業ですよね。

ままん
ままん

これで大丈夫かな?と心配になることがあります。

Google AdSenseにログイン

Google AdSenseにログインし上部に【要注意 収益に重大な影響が出ないよう……】という背景色がピンク色のメッセージが出ていたら、右側の「今すぐ修正」をクリックして開き、自分のサイトのads.txtをダウンロードしてパソコンに保存。

ファイル名の変更も、保存先も特にいじる必要はありません。

ダウンロードすると、自分のパソコンのダウンロードフォルダに「ads.txt」というテキストファイルが保存されます。

このテキストファイルは自分のAdSense IDが入力されているので、何もいじらずにサーバーにアップロードすればOKです。

ads.txtファイルをエックスサーバーにアップロード

  1. エックスサーバーのインフォパネルにログイン
  2. ご契約一覧にあるサーバーから操作メニュー「ファイル管理」を開く。
  3. 【XSERVER Web FTP】の画面から、サイトのドメイン名→public_htmlを開く。
  4. ファイルのアップロード「ファイルを選択」をクリック。
  5. 自分のパソコンのダウンロードフォルダの中の先ほど保存したads.txtファイルを選択してアップロード。

ファイルのパスは、/ドメイン/public_html/です。

ままん
ままん

これでエックスサーバーの自分のサイト内にアップロードができました。

正しい場所にアップロード出来ているかを確認する

ブログの更新とは違いサイト内で表示されないテキストファイルなので、正しい場所にちゃんとアップロード出来ているのか不安になりますよね。

そんな時の確認方法

検索バーに自分の「サイトURL/」の次に続けて「ads.txt」と入力して表示してみます。すると、アップロードしたテキストファイルに記入してあった文字列「google.com,pub- …… 」が現れます。

ままん
ままん

これでGoogle AdSenseのads.txtファイルの問題が修正できたということになりますね。

グーグルのクロールまでに数日がかかることがあるようです。なので、あとは待つだけです。

今回の場合、翌日にはアドセンスに出ていたピンク背景色の要注意事項は消えていました。

まとめ

グーグル アドセンスのads.txtファイルについてメッセージが来た場合は、アドセンスにログインして自分の「ads.txtファイル」をダウンロードします。

このときに、ファイル名や入力内容を変更する必要はありません。

次に、ダウンロードした「ads.txtファイル」をサーバーにアップロードします。

アップロード先は、自分のドメインのpublic_html内です。
※ .htaccessファイルと同じ場所。

エックスサーバーの場合はWebFTPの機能があり、ファイルのアップロードが簡単にできます。

正しくアップロードされているかの確認方法は、検索バーでサイトURL/の次に「ads.txt」と入力して表示。

ads.txtをサイトに置いておくことで、確かにこちらのサイトのアドセンス広告ですということになります。アドセンスからの注意メッセージが出ていたらads.txtファイルをアップロードしておけば、数日してメッセージは消えます。

レンタルサーバーにWebFTP機能がない場合はFTPソフトからアップロード。アップロード先は自分のドメインのpublic_html内で同様です。

 

これからワードプレスでブログを始めるかたはこちら

初心者でも安心の24時間365日メールサポート
私も安心してサポートしていただいているレンタルサーバーです
10日間の無料お試し期間があるので、ドメイン設定からワードプレスのインストール、ブログの開設を安心して始められます。
エックスサーバー

エックスサーバーでドメインを取得する手順はこちらに解説を書いてみましたので、よろしければ参考にしてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました