Search Console モバイルユーザビリティの問題に対処

WordPress

平成から令和に時代が移り変わりましたね。

こんにちは、ワードプレスで個人ブログを書いている昭和生まれの私、ままん (@takamaman52)です。

大型連休も明けた先日、Google Search Console Team 様から、「モバイルユーザビリティの新たな問題」が検出されたというお知らせのメールが届きました。

モバイルユーザビリティのエラーについてのお知らせメールは初めてだったので、対応した手順やチエックポイント、修正、合格までの流れを書き留めておきました。

スポンサーリンク

Search Console モバイル ユーザビリティの新たな問題

 

モバイルユーザビリティで、問題が出ましたというメールでのお知らせを頂いたのは初めてでしたので、ちょっとどうしたものだろうと思いました。

というのは、私のサイトはサーバー環境の信頼性と安定性のあるエックスサーバーで運営していて、ワードプレスのテーマは、モバイルユーザビリティの評価に問題がない「Cocoon」なのに何で?って感じました。

ままん
ままん

今までの月日に、モバイルユーザビリティのエラーがあったこともなく、不思議でしたがとりあえずは確認してみなくては…

サーチコンソールにログインしてエラーの確認する

Google Search Console にログインして、左側【拡張】の中から「モバイル ユーザビリティ」を開きます。

これにより、どの投稿が該当のページなのかが分かります。

メールでの問題点のお知らせ内容

  • コンテンツの幅が画面の幅を超えています
  • クリック可能な要素同士が近すぎます
  • テキストが小さすぎて読めません

 

モバイル ユーザビリティを開いてみると、以前のクロールではエラーがなかったのに「最終更新日」5月になってからエラーが検出されたということになっています。

 

該当ページは、上記画像の【詳細】の一番右側にある【ページ】から確認できます。

すると、私のこのエラーの場合は「プライバシーポリシー」のページでした。

 

モバイルユーザビリティエラーの問題を修正する

なぜ、この投稿でモバイルユーザビリティにエラーが出たのか、テキストエディターで確認してみましたが見当たりません…

エラー内容の確認

  • テキストが小さすぎて読めません

ワードプレスのダッシュボードからCocoon設定を開き、全体設定のタブからモバイルサイトでのフォントサイズを確認してみました。

モバイルサイトフォントは、Cocoon設定でのデフォルト16pxに設定してあり問題はないようです。

  • クリック可能な要素同士が近すぎます

プライバシーポリシーでリンクしてある内容は、元々のテンプレートでリンクされている「Gravatar」や「Googleアナリティクス」ですので、こちらのエラー内容も問題なさそうです。

  • コンテンツの幅が画面の幅を超えています

ページ・プライバシーポリシーは画像や表(table)を使っていないのでエラーは考えられないのではないかな?

ただ、気になったのはワードプレスをインストールした初期状態の、「プライバシーポリシー」の固定ページのエディターをそのまま利用して書き換えや追記をしたので、それがいけなかったの?

いずれにしても、今回のエラーを確認したのでSearch Consoleモバイルユーザビリティ詳細から確認【開始前】の部分をクリックしました。

モバイルユーザビリティの問題を検証する

確認を開始すると、Google Search Console Team 様から「問題の修正を確認しています」というメールが届きます。

注意書きにもあるように検証には数日かかることがあるとのことなので、焦らなくても大丈夫です。

モバイル フレンドリー テストツール

モバイルユーザビリティに関するエラーの検証結果が心配で待ちきれない…

そんなときにはテストするページのURLを入力するだけで、通常は1分もかからず検証結果が合格かどうかが確認できる 「モバイル フレンドリー テストツール」

Search Console ヘルプのモバイルユーザビリティに関するエラーを知りたいときは

「ヘルプセンター」にアクセスする

こちらのページでは、モバイルフレンドリーテストツールの使い方や、エラーの一覧について調べることができます。

エラーの一覧には、今回のメールに案内があったエラー内容の他に

  • 互換性のないプラグインの使用
  • ビューポートが設定されていない
  • ビューポートが端末の幅に収まるように設定されていない

というエラーメッセージもあります。

レスポンシブ対応していないワードプレステーマやプラグインの場合には、こんなエラーメッセージもあるということですね。

ままん
ままん

テーマやプラグインの更新も、気をつけていく必要がありますね

モバイルユーザビリティの問題が修正されました

確認開始の翌日に、「問題が修正されました」というメールが届きました。

青い部分の「問題の詳細を確認する」をクリックしてみます。

モバイルユーザビリティ検証:合格

何事もなく、エラーの該当ページ「0」になりました。

サーチコンソールのモバイルユーザビリティレポートは、ページのインデックス時のGooglebotの情報で判断しているので、修正やテーマの更新以前の情報が新しくインデックスされる前の情報の場合があるのだそうです。

まとめ

現在、スマホでも表示が崩れないモバイルユーザビリティが重要視されています。

グーグルサーチコンソール様から、「エラーがあります」のお知らせメールを受け取ったらチエックするポイントは2つ

  1. Search Consoleモバイルユーザビリティ詳細から一番右にある「ページ」を確認し、問題を修正する
  2. エラー内容によってはワードプレステーマの更新や、プラグインの更新で問題が修正される場合もあるので、新しい更新内容を確認のうえ必要な更新を行う

今回のモバイルユーザビリティの問題について

エラーの原因は、これだ!ということが自分ではよく理解できない出来事でした。

疑わしい部分として考えたこと

  • ワードプレスの初期状態に付いていた固定ページ「プライバシーポリシー」に追記や修正を加えてページを投稿、インデックスしたエディターが古いエディターだった…?
  • ワードプレステーマCocoon 最新の更新以前のインデックスだった…?

確認しどのようなエラーなのか、分からないときには Google Search Console ヘルプを読んでみる。

落ち着いて手順を踏んでいけばエラーは消えました。

 

手元に置いておくと、とても便利な教科書。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました