初めてのWordPress固定ページの使い方を解説 Cocoon

WordPress

WordPressには、「投稿」と「固定ページ」があります。初めてのWordPressで、固定ページの使い方がよくわからず戸惑ってしまうかたも多いことと思います。

ままん
ままん

ままん(@takamaman52)です。実は私もそうでした。

今回は、フッターメニューに固定ページを表示する方法を解説しています。

WordPressを初めて使う方の参考になればと思っています。

スポンサーリンク

ワードプレスの固定ページでできること

WordPressの固定ページは「投稿」と違いカテゴリーに含まれない単独記事です。

どんなに長い文章でも、どんなに短い文章でも1ページだけの単体で、投稿一覧や関連記事には表示されません。
お問い合わせページ・プロフィールページなど、固定で表示する記事に使用していきます。

固定ページは、1ページだけ単独の記事にリンクをつけて表示させます。

「投稿」は、次ページを次々に作ることができます。
ブログ記事のように何月何日投稿 とか、次の記事、前の記事 とか、人気記事とかに表示することができます。

固定ページを作る手順

ダッシュボード>固定ページ>新規追加

最初に固定ページにタイトルと記事を入力して公開しておきます。

 

 

フッターメニューに固定ページを設定する

ダッシュボード>外観>メニュー

フッターメニューの表示

メニュー名はわかりやすい名前を入力しておきます

左側の【固定ページ ▼】を開くと先ほど作った固定ページの記事ができているので、【メニューに追加】を押します。すると右側のメニュー構造に固定ページの記事タイトルが設置されます。

設定したら、忘れずにメニューを保存します。

ワードプレスの固定ページ

公開してフッターに設定したメニューが表示されているか確認します。

ヘッダーのグローバルメニューとの違いが分かりやすいように、次の項目ではグローバルメニューを作ってみます。

ヘッダーのグローバルメニューを作る

メニュー項目を追加の【カスタムリンク ▼】を開くとURLが設定できるので、自由にリンクしたいカテゴリーなどを設定できます。

ヘッダーのグローバルメニューは、固定ページではなくカテゴリーをリンクして作ってみました。

変更を保存して、トップページを表示します。

WordPressテーマによってグローバルメニューの表示位置がページの一番上の方にあったり、トップ画像の下だったりしますが、固定ページやカスタムリンクの設置方法は同じです。
自分の好みのブログに作り上げていくことが楽しいですね。

ワードプレステーマを使うためには、まずサーバーを借ります。
私が借りたレンタルサーバーは、【エックスサーバー
ワードプレスのインストール経験や知識がなくても、エックスサーバーなら安心です!
初心者でも安心の24時間365日メールサポート
私も安心してサポートしていただいているレンタルサーバーです10日間の無料お試し期間があるので、ドメイン設定からワードプレスのインストール、ブログの開設を安心して始められますよ。期間限定、月額900円(税抜)〜新規サーバー申し込みのかたに、独自ドメインのずっと無料キャンペーン中なので、試してみるチャンスです!
ワードプレス簡単インストールが利用できることもエックスサーバーの魅力です。これからワードプレスを初めてみたいかたに、オススメのレンタルサーバーです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました